歯を失ったときの身近な治療

歯を失ったまま放置しておくと、見た目が悪くなるだけでなく、口腔内のバランスが崩れて健康な歯も失ってしまう場合があります。また、噛み合わせのバランスも崩れ、全身の健康に悪影響が及ぶことも。歯を失った場合は、入れ歯で歯の機能を回復させましょう。最近は、見た目や機能性が優れた入れ歯も数多く登場してきました。歯を失ってしまった方、現在お使いの入れ歯が合わないという方は、お気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット

  • 他の補綴治療と比べると安価
  • 手術などを伴わない
  • 治療期間が比較的短い
  • 健康保険が適用されるケースが多い
  • あまり歯を削らないで済むことが多い

自費の入れ歯と保険の入れ歯

歯科治療が自費診療と保険診療の2つに大別されるように、入れ歯にも自費の入れ歯と保険の入れ歯があります。

  自費の入れ歯 保険の入れ歯
素材 複数の素材から選択できる レジン(歯科用プラスチック)のみ
費用 やや高額 安価
見た目 自然な見た目 金具が目立つ
使用感 噛み心地がよく、自然な装着感がある 程々
耐久性 高い やや低い

石崎歯科医院の入れ歯治療メニュー

レジン床義歯
レジン床義歯
保険の入れ歯。レジンでできており、厚みがあります。見た目や使用感はやや劣るものの、安価で作製でき修理が簡単です。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー
固定用の金属バネを使用しない自費の入れ歯。弾力性があり、口腔内にぴったりフィットします。見た目も自然です。 84,000円(税込)~
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー
磁石の力で固定する自費の入れ歯。総入れ歯に近い方、どうしても義歯が落ちてしまうような方に治療可能な症例が限られています。 105,000円(税込)~

【院長より入れ歯に関するメッセージ】

院長と診療ユニット

当院では、患者さんのご要望に合わせて使い心地のよい入れ歯を作製しております。最近はノンクラスプデンチャーという金具の目立たない義歯を入れる方が増えており、使い心地や見た目が良くなったと皆さん喜んでいます。金銭的な面も含めて保険・自費診療に関する説明を行いますので、お気軽にご相談ください。