虫歯・歯周病を防ぎましょう

虫歯や歯周病になったら治療すれば治りますが、治療した歯は健康な歯よりもろくなり、その寿命を縮めてしまいます。そのため、生涯にわたって天然の歯を使い続けるためには日ごろからの予防が大切です。予防といえば、歯みがきなどのセルフケア。「ただしている」ではなく「できている」ケアを実践するために、歯科医院で正しいケアの方法を身に付け、ご自身の大切な歯を守っていきましょう。

予防歯科のメリット

メリット 01. 健康な口腔内環境を維持

定期的に予防処置を受けることで口腔内の健康な状態が続き、虫歯や歯周病の予防につながります。
(忙しかったり疲れてしまい普段の歯ブラシをさぼってしまったり、上手くみがけていないなどセルフケアに自信のない方のお手伝いもします。)

メリット 02. 疾患の早期発見・早期治療

定期的に口腔内をチェックしていれば、虫歯や歯周病になっていたとしても初期の段階で発見でき、治療における身体的・金銭的負担が軽くなります。

メリット 03. 口臭・歯の着色を改善

定期検診では主にクリーニングを実施。クリーニングを受けることで普段取りきれていない細菌がスッキリ除去できるだけでなく、口臭も軽減し、コーヒー・喫煙などによる歯の着色も除去できます。まじめに通っている方はホワイトニングをした様に歯もツルツル、白くなっています。昔のくすんだ歯はどこへ?

石崎歯科医院の予防メニュー

定期検診
定期検診
虫歯や歯周病がないかを衛生士と歯科医師がチェックします。早期発見・治療につながります。
歯みがき指導
歯みがき指導
患者さん一人ひとりの口腔内状況に合わせて、正しい歯みがきの仕方を指導いたします。
フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化を促す働きがあります。歯に塗布することで虫歯予防が期待できます。また、ごく初期の虫歯であれば改善することもあります。子供も大人も歯磨き指導のあとには毎回塗っています。
シーラント
シーラント
奥歯の溝をプラスチックで埋める処置です。食べかすが溜まりにくくなり、歯みがきで汚れも除去しやすくなる効果の高い予防処置です。特にはえ始めの永久歯に有効です。はえて来たばかりの歯はとても虫歯に冒されやすのです。少しでも仕上げ磨きがちゃんと出来ていなかったり、子供任せの歯磨きをしていたら大変です。せめて予防はしておきましょう。
PMTC
PMTC
専用器具を使って行う歯のクリーニングです。日ごろのケアでは除去できない汚れもしっかり落とせます。
噛み合わせチェック
噛み合わせチェック
噛み合わせに問題がないかチェックします。噛み合わせが悪いと歯周病が悪化することもあります。歯ぎしりや食いしばりも歯周病を急激に悪化させる要因のひとつです。

小児予防歯科

小児予防歯科

お子さんの歯の健康管理をするには、まず歯科医院での定期検診を受けて、歯みがきのやり方を見直すことが大切です。小さいうち(4歳~小学校4年生)に正しい歯みがきの習慣を身につけておけば、将来的に虫歯などのトラブルを引き起こす可能性を大幅に減らせるからです。逆に、歯みがきがきちんと習慣化できていないと虫歯になりやすく、大切な歯を削らなくてはならなくなります。

歯みがき指導のほかにも、歯科医院ではさまざまな虫歯予防の処置が受けられます。歯に付着した食べカスや歯垢をきれいに取り除いたうえでフッ素を塗布して歯を強くしたり、奥歯などのみがきにくい歯をシーラントでコーティングして虫歯を予防したりします。


定期検診は3~4ヶ月に一度の頻度がおすすめですが、その間もご自宅でのケアをお忘れなく。小さいお子さんだけではきちんと歯みがきができないので、親御さんのご協力が欠かせません。決して子供まかせにすることなく、お子さんといっしょに歯の健康に取り組んでいきましょう。歯科のプロとして、当院もアドバイスいたしますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

【院長より予防歯科に関するメッセージ】

虫歯・歯周病は、ある程度病状が進行しないと自覚症状があらわれません。そのため、簡単な治療となる早期治療で済ますには、早期発見が欠かせません。 また、予防の基本である歯みがきについて、みがき残しのないようできているかはご自身では判断できません。虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。みがいているつもりで実はお口の中に汚れが残ったままでは、いつしか病気になってしまいます。そのため、予防には定期的なメインテナンスやケアが非常に大事です。あと電動ブラシは当院ではオススメしません。なぜか・・・?

それは、みがいているようで、肝心なところが実は磨けてない。
さらに電動で歯の間の境目を磨くと傷つく。表面が裂けてしまうことも。

ブラッシングが上手な方ならそもそも電動ブラシはいらないのです。そういったブラッシング指導もお教えしますので、積極的に予防歯科に通い、大切な歯を病気から守りましょう。